〜育児をプラスに!〜

育児とキャリアのハッピーシナジーを楽しもう

育休・育児は【自己一致】のチャンス!素敵なキャリアに繋がる!!(ごろう)

育児をプラスに!IKUG

ごろうです。

 

「成人の日」は今では1月第2月曜日ですが、

昭和生まれの僕にとっては、成人の日といえば今日「1月15日」のイメージが強い。

 

たとえば祝日を迎えた時に、

「なんで今日が祝日なんやろ?」

「何を祝う日なん?」

「日が変わった?」

など、親になってからは、これまで素通りしてきた日常の「あたりまえ」にも、ふと意識が向くようになりました。

 

「祝日」は、本来は仕事や学校がお休みになるぐらいインパクトのある特別な日です。その由来や意味を紐解くことで、これまでよく知らなかった歴史に触れることができたり、不思議と自身が今ここにあることに自然とありがたさが感じられたりします。特に子供を授かってからですが、単に「お休みでラッキー!」くらいにしか思っていなかった祝日の特別感を丁寧に味わうようになりました。

 

ちなみに「成人の日」は、古来1月15日小正月元服の儀が行われていた伝統を踏まえて、当初「1月15日」に制定されました。(平成12年からハッピーマンデーで1月第2月曜日に。)

 

不易流行。時代に合わせて柔軟に形が変わることもありますが、その本質である大元の精神は忘れずにしっかりと次世代にも伝えていきたいです。

 

大元については意外と知らないことが多いので、子供に何か聞かれてきちんと説明できないと心底焦ります。そこから一つひとつ勉強して親としても成長していくわけですが。おしゃべりできるようになると、ある時から僕ら大人にとってあたりまえでサラッとすましていることにも「なんで?」「なんで?」攻勢が始まるので、その前にある程度は「周囲にあるあたりまえ」を自分なりに説明できるように準備しておきたいものです。

 

適当に答えて誤魔化してしまうと、その場はなんとなく納まっても、誤魔化した自分を自分は知っている。自分には嘘がつけず、言葉や気持ちが宙に浮く。

 

これが昨日のなぎささんのブログ『自己一致』でいうところの、自己一致が出来ていない状態かなと思いました。なぎささんもおっしゃる通り、おかげさまで僕自身は比較的「自己一致」を徹底して楽しく生きているように思いますが、それでも子ども相手は手強いです^^

日々育児修行。親として、あるいは人間として、毎日相当鍛えられています。

 

自己一致した対応は信頼関係を育みます。

信頼関係の構築を大切にしている妻と僕は、息子が赤ちゃんの頃から一人の存在として尊重して誠心誠意向き合うようにしてきました。

逆に子供の純粋な好奇心や興味を削いでしまうような中途半端な対応ばかりしていると、将来にわたる信頼関係を損いかねないし、教育上もとてももったいない気がします。ついつい親のパワーを行使しがちですが、ここはママパパみんな踏ん張りどころですね。

 

育児はある意味、常に自分が試される「自己一致トレーニング」そのものです。この機会に日々自分を大切にして自己一致度を意識して向上させていくと、本当に自分の欲するキャリアがイメージできたり自分らしい素敵なキャリアが具体的に描けるようになったり、本来の自分のあり方が感得できたりするかもしれません。

 

育児をプラスに!

自己一致(なぎさ)

育児をプラスに!IKUG+

なぎさです。

 

私はキャリアコンサルタントとして

社会人の方を対象に

キャリア相談を承っています。

 

キャリアコンサルタントの養成講座に通ったのは

双子を産んで数か月後。

スクーリングがある日は

夫に双子を任せ、

講座に向かう電車や休憩時間中のトイレで

搾乳しながら

必死で資格を取得しました😂

 

養成講座で習った

カウンセラーとして大切な3つの態度に

「自己一致」という考え方があります。

 

「自己一致」とは

自分自身のありのままの感情を受容している状態、

つまり、言葉と言動や態度が一致している状態を指します。

 

カウンセラー自身が自己一致していないと

相談者も安心して自己開示ができないため、

重要な基本態度だと言われています。

 

簡単なように思えても、大人になると

ついつい思っていないことを

言ってしまうことってありませんか?

 

この自己一致の姿勢は

カウンセリングの場面だけではなく、

育児でも非常に求められる気がします。

「なんで?」と聞かれたとき、

子どもの純粋性ゆえに

思ってもいないことや

腹落ちできていないことを口にすると

自分に対してすごく違和感を覚えることがあります。

 

子どもの前では

常に自分が試されている、

自分がどんな人間なのかが問われている、

そんな感覚です。

 

恩師でもあり、

大切なIKUG+のパートナーでもある

ごろうさんは

「自己一致」を体現している一人です。

 

どんなときでも

ありのままの自分自身でいること、

その時の気持ちに素直に生きることを

大切にしていて、

ごろうさんの大きな魅力のひとつだと思います。

 

自分の心を偽らず、

ありのままの自分を受け入れて

自然体で育児を楽しむこと。

「自己一致」

IKUG+が大切にしている価値観の一つです。

 

 

 

 

 

令和甲辰を陰陽五行で読み解く(ごろう)

育児をプラスに!IKUG

ごろうです。

 

 

陰陽五行で読み解く!・・・ですが、最初にお断りしておきます。

今年はこんな年です!あなたの運勢は・・・的な占いの話ではありません。

(占いを期待された方、また別の機会に^^)

 

僕には「子育て=和のこころを持つステキな日本人を育てる」という認識があるので、日常生活にある風習、今回は暦を、子供に聞かれても困らないように改めておさらいしておこうという話です。あるいは日本の伝統や風習を積極的に伝達していこうという趣旨で少し深掘りしてみようともいう感じです。

 

まず、十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)は絵本もたくさんあるし、毎年その年のシンボルが年賀状やグッズなどでいたるところに登場するので誰しも馴染みがあるし、子供にも自然に伝わっているかと思います。

 

寅年こそ阪神タイガース優勝だ!

なんて盛り上がりが一昨年僕の近所(兵庫県西宮市)ではありましたが、

それくらい日常生活に溶け込んでいます。

(名古屋でも辰年の今年は同様に盛り上がっているのだろうか?)

 

甲はどうでしょう?

十二支ほど一般的ではない気がします。

甲はキノエと言って「木」の「兄」(陽の木)であり西暦の〇〇〇4の年にあたります。

十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)の先頭です。

新たな始まり。

殻を破り芽がでるエネルギーを表しています。

来年の乙が「木」の「弟」(キノト)で陰の「木」です。

 

  エト

木:甲乙

火:丙丁

土:戊己

金:庚辛

水:壬癸

 

この十干十二支の組み合わせが一巡りする60年で還暦となります。

 

五行は木火土金水で象徴されるエネルギーや働きを意味します。

 

十二支の辰は「土」。

卯(木)と巳(火)をつなぐ土用の働きです。

エネルギーの移り変わる不安定な状態であり、

かつ不安定を落ち着かせる働きでもあります。

さらに辰は龍の如く躍動とか振動とかダイナミックな意味合いもあり、

陰陽では陽の「土」となります。

 

ということで甲辰を見ていくと、とても「木」の成長発展の要素が強いです。

ちなみに九星氣学でも今年は三碧木星。「木」のエネルギー。

 

そんな暦に象徴されるように

子どもたちもすくすくのびのびと笑顔で元気に育って欲しいものです。

 

子どもたちだけでなく僕ら親も一緒ですね。

すくすくのびのびと親としても成長しながら

おおらかにリラックスして子どもとの楽しい時を丁寧に味わいたいですね。

 

あるいは、もし今なにか閉塞感があるなら

勇気を奮って新たな一歩を踏み出し、現状を打破していっていいかもしれません。

 

少し暦を紐解いてみました。

令和甲辰もステキな年に!

当事者意識の持てる世界(なぎさ)

育児をプラスに!IKUG+

なぎさです。

 

あけましておめでとうございます🎍✨

今年は元旦からいろいろなことがありましたね💦

被災された方々にお見舞い申し上げるとともに、

一日も早い復興を祈るばかりです。

 

私もTVでニュースを見守りながら

ずっと心がざわざわしていました🌀

被害に遭われた方の様々なエピソードが伝えられる度に、

ご家族や関係者の皆様の気持ちを考えて苦しくなっていました💦

 

私は昔から「当事者意識」という言葉が結構好きなのですが、

「もし自分だったら…」と考える傾向は

育児をするようになってから、より強くなった気がします。

 

母になる以前は子どもの虐待のニュースを見て

「子どもがかわいそう」

「ひどいことをする親がいるもんだ」

とは思っていましたが、

育児をするようになってからは

我が身と我が子に置き換えて

すごく胸が苦しくなり、涙が出そうになります。

 

同様に、日本の高齢化や地球温暖化のニュースに対しても、

以前は「このままじゃ大変だ!」とは感じていましたが、

恥ずかしながらどこかで

「その頃、自分はもう生きていないだろうしなぁ」

「〇年後と言われてもあんまり現実感がないなぁ」という気持ちも

少なからずあった気がします。

 

だけど、今は

「子どもたちが生きていく未来を少しでも明るいものにしたい」

「私たちにはその責任がある」

と強く思うようになりました。

 

「当事者意識」が持てれば、

「今、自分にできることはなんだろう」と考え、

「自分にできることをしよう」という行動につながります。

 

「当事者意識」を持つ人が増えれば、

世界はもっと優しく、

豊かなものになるんじゃないか。

 

育児をすることは

社会や未来に対して責任を持ち、

世の中を豊かにしていくことに

つながっているんじゃないかなと思いました。

 

今年も微力ながら

私たちにできることを進めていきたいと思いますので、

どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

「子育て」=「和のこころを持つステキな日本人を育てる」(ごろう)

育児をプラスに!IKUG

ごろうです。

 

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

今日1月7日は七草粥

 

せりなずな ごぎょうはこべら ほとけのざ

すずなすずしろ 春の七草

 

ですね。

この1年も元気に明るく楽しくいきましょう。

 

子育てをしていると

七草粥に限らず

日本の四季折々の風習が

身近に感じられる機会が

多くなるように感じます。

 

意外と知らないことだらけで

「子供を育てる」

とか

「次世代に伝える」

には

あまりにも未熟な自分に

気づかされることが多いです。

 

逆にそれだけ成長機会に恵まれていて

ワクワクの毎日になるのですが、

 

僕にとって大きな気づきのひとつが、

育児は単に子供を育てているのではなく

「ステキな日本人(日本男児大和撫子)」を

育てているということです。

そんな日本人の父親としての目覚めがありました。

 

日常生活を快適におくるのに

「西暦2024年」

で別にいいですが、

 

日本人の父親としては

「令和6年」

も大切にしたいし

 

個人的なお気に入りは

皇紀2684年」

神武天皇の建国の年とされる

紀元前660年を始まりと

しています)

歴史やロマンが感じられて

好きです。

 

昨年、宮崎神宮に参拝したおり、

皇紀2683年」

とバーンと掲げられていて

お〜と感激してから

僕の中での第一になりました。

 

とはいえ、

「2684年新年明けましておめでとう!」

だとまだちょっとこそばゆいです。

 

ステキな育児のために、

ステキな日本を知る

ステキな日本を発信する

そんな1年にもしていこうと思います。

 

新しき 年のはじめに かくしこそ 

千歳をかねて 楽しきを積め

古今和歌集

 

いろいろと苦難も多いご時世かもしれませんが、

楽しさや喜び、愛や真心を積み重ねて

世界いっぱいに満たしていきたいと思います。

 

みなさまにとってステキな一年になりますように!

育児とキャリアのハッピーシナジー(なぎさ)

〜育児をプラスに!IKUG+〜

なぎさです。

 

仕事か、育児かー。

母になる前の私は、

必ずどちらかを選択しなければならないと思っていました。

 

実際、育休が明けて職場に復帰したとき、

上長から言われたのは

「これからは子育て優先で! 

キャリアは後回しでいいから」という言葉でした。

 

一方、夫に職場で掛けられたのは

「2児の父になったんだから、

これからは一層頑張って働かないとな!」

という言葉だったそうです。

 

どちらかというと

私は外でバリバリ働きたいタイプだし、

夫は出世や昇進にはあまり興味がないタイプ。

 

なのに、なんで男女でこんなに

周りから掛けられる言葉が違うんだろうと

モヤモヤしました💦

(これは根強い固定的性別役割分担意識の影響なのですが、

 その話はまた改めて^^)

 

実は以前から「仕事と育児の両立」という言葉に、

ちょっと違和感がありました。

「両立」という言葉は

2つのものが互いに他の存在を妨げないことを表しています。

働くことも、子供を産み育てることも人生の大切な一部。

なのに、なぜどちらかを選ばなければならないのか。

仕事と育児は相反するものなのか。

 

人生を100として、

仕事:育児は100:0、0:100というものではないし、

50:50や 60:40のように振り分けるだけでは、

総量としての100は増えていきません。

 

むしろ親になって、

これまでの人生に育児という要素を加わることで

仕事と育児に相乗効果が生じ、

加速度的にキャリアがアップしていく。

そして、人生の豊かさ自体も増していく。

 

最近は「ワークライフ・バランス」ではなく、

「ワークライフ・インテグレーション(統合)」という考え方が広がってきています。

私たちが実現したいのは、

まさに仕事と家庭生活の「ハッピーシナジーを生み出すことなのです。

※「ワークライフ・インテグレーション」:仕事と家庭生活を統合し、公私ともに高め合う考え方。

 

2023年も今日で終わり。

2024年が頑張っている世界中のママたちにとって

笑顔溢れるハッピーな一年になりますように❤

みなさま、良いお年を🎍✨

 

 

 

 

「育児と仕事、いかに両立?」ごろパパの人生の選択〜子供との時間を最優先〜(ごろう)

育児をプラスに!IKUG

ごろうです。

 

子供が生まれ、

もれなく訪れる劇的な大変化

これをいかに乗り越えるか!?

育児とキャリアのハッピーシナジー

こそ

目指す方向だと

僕らは思っています。

 

本心・本音で生きる

 

その為にも、

自分が何を望んでいるのか?

どんなあり方がいいのか?

自分の本心・本音を

把握することが大事です。

 

僕の場合、

ビジネスはそこそこに

まるで育児が本業の如く

時間的にも空間的にも

赤ちゃん中心の生活に

移行し没頭しました。

 

胎児から乳児へと

そして幼児にいたる数年間。

 

子が親に100%完全依存し

お互いに大好きでいられる

この魔法のような期間こそ

個人的には

あっさり

ではなく

こってり

がええなと。

そんな価値観や思いがあったので

家族時間を最優先するという

選択に迷いはありませんでした。

 

しかも、

妻との2人の

平和で円満な世界に

ある意味、

突如乱入してきた

圧倒的にかわいくも

圧倒的な暴君的存在。

この存在に

2人で一致団結

協力しあって立ち向かう。

その瞬間瞬間を一緒に味わい、

お互いの人生に共通の

素敵なひと時としていくことに

もう、どうしようもなく

ワクワクしたんです。

 

働き盛りにも関わらず

育児中心という選択をし

不安なく実行できたのは

強烈なワクワク感のおかげ

だろうと思います。

 

いま振り返ると

これが大正解。

僕の人生の中でも

最高の選択の一つ

だったと言えます。

 

ワクワクの毎日の積み重ねが

そのまま

ワクワクの人生を

築いているのが

よくわかる旅路でした。

(もちろん今も進行中です)

 

本音(ワクワク)を選択する!

 

ぜひ^^